「市民の会」
​  の成り立ち

 故湯川秀樹さんの思想と、秀樹さんを支えてこられた湯川スミさん、そしてご家族の思いを未来に繋ぐために市民が作った会です。

​ また、秀樹さんやスミさんが終の棲家として過ごされた湯川邸の趣を守り、次世代に引き継ぐ「湯川邸の活用を願う会準備会」として、2020年からボランティアで活動し、2021年に、秀樹さんが平和運動を始める契機となったビキニデー(3月1日)に発足しました。

「市民の会」
​ 入会申込みについて

入会には【入会お申込書の送付】【入会費(1口1,000円~)のお振込み】が必要です。

 

◆入会申込書について

下記①または②のお手続きにてご連絡いただけますと幸いです。

①添付のパンフレットに手書きで記載のうえ、郵送または画像添付にてメールで送付


②HPのContact(お問い合わせ)より下記項目を送信

題名:「湯川旧宅市民の会」入会の申し込み

・名前/フリガナ

・住所

・電話番号

・メールアドレス

・入会費 〇口 〇円

・備考(ご意見・ご要望など)

 

◆振込先について

振込先 ゆうちょ銀行

記号番号 14470-52265821

 

他行からの振り込み先

(四四八店)口座番号 5226582

 

加入者名

湯川秀樹旧宅の保存と活用を願う市民の会

 

入金情報と、お申込み情報を確認できましたらご入会・領収書のメールを当会よりお送りいたします。

「市民の会」会則

名称

この会は、湯川秀樹旧宅の保存と活用を願う市民の会と称します。

目的

この会は、日本で最初のノーベル賞を受賞された湯川秀樹さんが最期まで住み続け、学術研究活動だけでなく、非核平和活動、文化活 動の場として国内外多く人々交流された旧宅及び庭園・遺品類の保存と市民による遺品類の保存と市民による活用をめざします。

事業

この会は、前条の目的を達成するために、次に掲げる事業を行います。

  1. 湯川秀樹旧宅を保存 ・活用するために、京都大学や行政等に働きかける事業。

  2. 湯川秀樹旧宅及び庭園・遺品類の調査及び現状保存に関わる事業。

  3. 湯川秀樹旧宅及び秀樹・スミご夫婦についての講演会、見学会、学習会、企画展示会などの事業。

  4. 上記の調査及び企画に関する情報発信事業。

  5. その他、前条の目的達成について必要と認められる事業。

会員

​この会の会員は、この会の目的に賛同し、会費を納入された方とします。

​顧問&呼びかけ人

尾池 和夫

​顧問

京都大学元総長

山極 寿一

​顧問

京都大学前総長

永田 和宏

​顧問

京都大学名誉教授

佐藤 文隆

​顧問

京都大学名誉教授

坂東 昌子

​顧問

愛知大学名誉教授

​九後 太一

​顧問

京都大学名誉教授

中村 和雄

​顧問

弁護士

石坂 拓司

呼びかけ人

株式会社 季節の詩
​代表取締役社長

​上野 勝代

呼びかけ人

京都府立大学名誉教授

江上 由香里

呼びかけ人

合同会社 生活創造グループ 代表

岡田 知弘

呼びかけ人

京都大学名誉教授

難波 征男

​呼びかけ人

一般財団法人 咸生書院 代表理事

和田 紘子

呼びかけ人

大原社会保険労務士法人 代表